県民の皆さまへ

  • クロスチェック
    クロスチェック

    ログイン
  • 日本臨床衛生検査技師会
  • 日本臨床検査技師連盟
  • 臨床検査パンフレット

ホーム >総務部からのお知らせ>2022年度 岡臨技定時総会 優秀論文賞・優秀発表賞のお知らせ

2022年度 岡臨技定時総会 優秀論文賞・優秀発表賞のお知らせ

2022年度 岡臨技 定時総会時に表彰されました、優秀論文賞・優秀発表賞のお知らせ

優秀論文賞 「Globicatella sanguinisによる菌血症の1例
岡山赤十字病院:林 加奈子 様

岡山医学検査Vol58 №1(2021年3月1日発刊)
今回の報告は本邦では稀な症例でありました。また、検出されたGlobicatella sanguinis
においては、菌のコロニー性状、グラム染色所見、生化学的性状について詳細に記載
されていました。
さらに、同定試験ではRapid ID 32 Strepおよび質量分析の注意点が解説されていました。
薬剤感受性検査では、薬剤感受性のパターンが異なることにより本菌を推定する手が
かりなることが明らかになりました。
今後、本菌が検出された場合に参考となる非常に有用な報告でありました。


優秀発表賞 「当院における下痢原性大腸菌関連遺伝子検出の有用性の検討」
岡山大学病院:大倉 真実 様

2021(R3)年度 日本臨床衛生検査技師会 中四国支部医学検査学会(第54回)
病原性大腸菌の評価をO 抗原検査の結果のみで行うのは困難である。
今回対象とした検体約5.0%からPCR 法にて病原因子を検出し臨床へ報告を行っていました。
それにより治療もしくは感染対策につながった症例も認められており、
病原因子検出の重要性を再認識させられました。
また、病原性大腸菌検査のピットフォールが明らかとなったことで、
PCR検査の有用性が示されていました。
今後は他施設でも積極的な導入を検討すべき報告でありました。


優秀発表賞 「試薬管理台帳の作成業務省力化」
鏡野町国民健康保険病院:山下 史哲 様

2020年度第51回岡山県医学検査学会(2021年3月開催) 管理総合部門
本発表では市販のデータベースソフトやインターネット上で無償配布されている
試薬管理システムを利用し、バーコード運用することで試薬管理の効率化と人為
的ミス軽減が図られ、一連の試薬管理台帳作成業務の省力化が達成されていました。
また、外部監査にも対応可能とされており、試薬管理システムを導入できてい
ない施設においても汎用性が高い内容でありました。

 

以上、3名の皆様受賞おめでとうございました。