一般の皆さまへ

  • クロスチェック
    クロスチェック

    ログイン
  • 日本臨床衛生検査技師会
  • 日本臨床検査技師連盟
  • 臨床検査パンフレット

ホーム >岡臨技案内>会長挨拶

会長挨拶

平成28年・平成29年度会長就任によせて

会長 岡本 由美

会員、賛助会員の方におかれましては、ご壮健にてご活躍のこととお慶び申し上げます。

このたび「平成28年度・29年度一般社団法人岡山県臨床検査技師会会長」を引き続き務めさせていただく事になりました。就任当初は、会長職として目の前の任務をこなすことで精いっぱいの日々が続きました。が、理事の方々や会員の皆様方のご協力のおかげで学術活動をはじめ、県民に対しての臨床検査技師啓発活動、各種団体との関連事業にも取り組む事が出来、2年間遂行できました事をお礼申し上げます。

本年度は従来の学術活動や公益活動に加え、今後、法人として安定して継続していけるための基盤を作っていく事も私の責務だと考えております。新入会員研修会も例年好評でございます。研修会等にも若い方の姿を多くみられるようになりました。技師会活動がきっかけとなり、横の連携をもち、自分達で作る技師会である事を早くから認識していただき、参加する人から企画する人へと活動の場を広げていただけるような組織作りを目標といたします。

ここ数年日臨技はめまぐるしく改革を推し進めています。2025年問題を抱えて、社会情勢の変化に伴い医療情勢も大きく変わっていくことでしょう。臨床検査技師の業務の在り方も大きく変貌を遂げるものと思われます。そもそもの本業である正確な検査値を出す事はもちろんの事、採血前説明から検体採取そして結果説明まで、検査に関する事は全て臨床検査技師の任務だと認識して次なる行動を起こしていかなくてはなりません。その点に関しましては日本臨床衛生検査技師会と連携し進めてまいります。精度保証につきましては、岡山県は全国トップレベルである事はご承知のとおりでございます。本年度からは岡山県医師会との精度管理事業は全施設統一金額となります。より多くの施設のご参加をお願いいたします。そして引き続き認証施設が増えるように活動していきたいと思っております。

以上の事は、会員、賛助会員、関係者の皆さまのご協力なしには成し遂げる事の出来ない事でございます。皆様方のご支援、ご指導を心よりお願いいたしましてごあいさつとさせていただきます。2年間よろしくお願い申し上げます。

平成28年4月1日
一般社団法人 岡山県臨床検査技師会
会 長  岡本 由美