県民の皆さまへ

  • クロスチェック
    クロスチェック

    ログイン
  • 日本臨床衛生検査技師会
  • 日本臨床検査技師連盟
  • 臨床検査パンフレット

ホーム >岡臨技案内>会長挨拶

会長挨拶

令和2年度・3年度 会長就任に寄せて

会長 木村 泰治

会員、賛助会員の皆様におかれましては、ご壮健にてご活躍の事とお慶び申し上げます。

このたび、令和2年度・3年度 一般社団法人岡山県臨床検査技師会会長を引き続き務めさせていただく事となりました。1期目は会長として目の前の職務をこなすことで精一杯でしたが、会員の皆様や理事の方々のご協力により、技師会の諸事業に取り組む事ができました。ありがとうございました。

当会は、臨床検査技師の職能団体であることを念頭に、会員の知識や技術の研鑽により、医療の質の向上を目指すことはもちろんのこと、チーム医療の一員として、県民皆様の健康増進ならびに公衆衛生向上のための活動も行っていきたいと考えています。一方、私たちを取り巻く医療情勢は厳しさを増し、目まぐるしく変化しています。そして新型コロナウイルス感染拡大など、待ったなしの対応に日々迫られています。私たち臨床検査技師も例外ではなく、大きな変革を求められる時代となっています。

令和2年度の日本臨床衛生検査技師会の重点課題は、組織強化、技師教育改革、医師の働き方改革への対応の3点です。当会では日本臨床衛生検査技師会と連携しながら、社会情勢や社会ニーズに則した臨床検査技師、技師会となるための活動、組織作りに取り組んでいきたいと考えております。

当会運営は会員、賛助会員、関係者の皆様のご理解、ご協力なしには成し遂げる事はできません。皆様のご支援、ご指導を心よりお願いいたしまして、ごあいさつとさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。

令和2年6月25日
一般社団法人 岡山県臨床検査技師会
会 長  木村 泰治